に投稿 コメントを残す

Woocommerceの高速化のための4つのポイントとプラグイン6選

俳優の阿部寛さんの公式サイトをご存知でしょうか?
巷では「雰囲気が一世代前だけど表示速度が爆速で笑ってしまう」と評判となったサイトです。
阿部 寛のホームページ】http://abehiroshi.la.coocan.jp/

WEBサイトの表示速度は時に内容やコンテンツ以上に重要な役割を持ちます
今回は、Woocommerceを高速化するための4つのポイントと、6個のプラグインを紹介したいと思います。

既に高速化のプラグインを導入しているがサイトの表示が重い・遅い方は、サーバー会社を変えるか一つ上のサーバープランに変更することをお勧めしております

お勧め高速サーバー

【wpxサーバー】https://www.wpx.ne.jp/server/

【Conohawing】https://www.conoha.jp/wing/

それでも改善しない方には、当サイトでご案内しているWordpress爆速化サービスの「爆速研究所」のご利用もお勧めです。
「爆速研究所」では、現在の運用されているサイトの内容そのままに、スピードだけ爆速に改善する環境構築サービスです。
Woocommerceで作られたECサイトなどデータや動的コンテンツが多いサイトでも、サーバー側にキャッシュを自動で生成しておくことで爆速化が実現できます。

現在は、ご指定のサイト※を爆速環境で構築して30日間体験できる「爆速体験」が無料ですので、こちらのフォームからお問合せをしてみてください。
※原則ご自分で管理・運用されているWordpressのサイトに限ります

1.表示速度が遅いとどのような影響があるのか

Googleが発表した有名な表示速度と直帰率の調査によると、

    • 表示速度が1秒から3秒に落ちると、直帰率は32%上昇
    • 表示速度が1秒から5秒に落ちると、直帰率は90%上昇
    • 表示速度が1秒から6秒に落ちると、直帰率は106%上昇
    • 表示速度が1秒から7秒に落ちると、直帰率は113%上昇
    • 表示速度が1秒から10秒に落ちると、直帰率は123%上昇
    • ページの要素(テキストやタイトル、画像など)の数が400個から600個に増えると、コンバージョン率は95%下がる

という結果が出ています。
この情報以外にも、表示に3秒以上かかるサイトは53%のユーザーがページを離れる調査結果には書かれてかれています。

どれだけ良いブログ記事や良い商品を掲載していても、表示が遅いとそれだけで訪問者は離れていってしまいます。
スマートフォンがこれだけ普及した世の中で、手軽に情報を得るための表示スピードはとても重要な要素なのです

また、サイトの表示速度は検索のSEOにも影響があります
グーグルが「ページの表示速度をモバイル検索のランキング要素として組み込むこと」をアナウンスした記事です。

表示を速くすればSEOも上がり、ユーザーも嬉しい。良いことづくめですね。

2.Woocommerceの高速化するための4つのポイント

本当はもっと多いのですが、シンプルに4つのポイントとそれを解決するためのプラグインを紹介します。
まずは、4つのポイントです。

  1. 画像を圧縮する
  2. 画像を遅延読込させる
  3. CSS/JavaScriptを最適化させる
  4. データベースの最適化させる

もし対策を全くしていないのであれば、これらのプラグインを入れることで確実に表示は速くなります

それぞれの説明とお勧めのプラグインを紹介していきます。

1.画像を圧縮する

サイト上で表示される画像のサイズは、表示速度に大きな影響を与えます。
そこまで大きなサイズの画像はWEBサイト上では必要ありませんので、画像圧縮プラグインで圧縮を行いましょう。
(商品詳細画面などで画像を拡大する場合は低画質だと、質感などが伝わりにくくなる可能性があります)

日本では、以下の2つが画像圧縮で有名プラグインになります。

EWWW Image Optimizer利用者の多い画像圧縮プラグイン:プラグインがインストールされているサーバー上で圧縮が行われる(サイトに負荷がかかる)

Compress JPEG & PNG images

1ヵ月500ファイルまでの制限あり(それ以上は有料):開発元のサーバーで圧縮が行われる(サイトに負荷がかからない)

特徴を見ていただけたら分かるように、処理ファイル数と負荷のメリットデメリットがあります。
どちらの圧縮率もそこまで変わりませんので、場合によって使い分けるのが良いかと思います。

2.画像を遅延読込させる

画像は読み込みに時間がかかりますので、画面上の可視領域についてのみ画像を読み込み、
下部にスクロールするたびに画像を動的に読みこんでいく形にすることで、画面の表示速度を速くすることができます。

Lazy Load

当方でもLazy Loadを利用中。問題なく稼働

BJ Lazy Load

有効インストール数・★5評価多い

どちらも大きく違いはないかと思います。
③のLazy Loadを使っていますが、他のサイトでは④のBJ Lazy Loadをご利用している方も多いようです。
導入後の動きなどを見てご判断いただければと思います。

3.CSS/JavaScriptを最適化する

WordPressのHTMLソースコードやCSS、JSファイルを最適化することにより表示速度を速くすることができます。
ただ、中々各ファイルの最適化というのは知識がないと難しいものです。以下のプラグインは有効化することにより最適化を自動で行ってくれます。

Autoptimize

日本語化がされている。別ファイルで作成されるので、無効化すれば元通りになる。

Head Cleanerという有名なプラグインもあるのですが、作られるキャッシュファイルがサーバーの容量を圧迫するという報告がされております。
Autoptimizeをお勧めします。

4.データベースの最適化させる

WordPressの記事や投稿にはリビジョンという機能があります。過去に編集した記事の状態がリビジョンとして保存されており、選択することでその状態に戻すことができます。
しかしリビジョンは、蓄積し続けるとWordPressの動作を遅延させる要因にもなり得ます。
データベースの最適化のプラグインを使い、不要なリビジョンを削除することで画面の表示速度を速くすることができます。

Optimize Database after Deleting Revisions

指定した日付よりも前のリビジョン情報を消すことができる

自動最適化のスケジュールも設定できるので、適切な設定を行い不要なデータを消していきましょう。

3.キャッシュプラグインは入れるべきか?

キャッシュとは、サイトのページの表示の際に生成したページデータを保存し再利用する仕組みです
Woocommerceの場合、ブログやコーポレートサイトとは違い、ユーザーによって動的にコンテンツの内容が変わります。
一部の画像キャッシュは有効かもしれませんが、キャッシュプラグインを入れることによって情報の不整合が発生する可能性が高いです
キャッシュプラグインはデータベースやPHPの処理を省略でき、効果は高いのでWordpressの静的サイトであれば大いに入れていただいたほうがいいかと思います。

4.まとめ

以上、4つのポイントと6個のプラグインになります。

何も対策をしていないのであれば、これらのプラグインを入れるだけでも速度の効果は実感できると思います。
ただし、サイトやサーバーとの相性は確実にあるので注意が必要です。

導入後はしっかりとサイトを確認し、快適になった表示速度を感じてニヤニヤしましょう。

また、上記でも述べた通りWoocommerceなどのECサイトなどでは、効果が出やすいキャッシュ系のプラグインの利用はお勧めできません。
場合によっては、カートへの数量や商品の価格などの整合性が取れないことがあります。

Woocommerce(Wordpress)で構築したサイトが「遅い」「重い」、または「遅くはないがもっと早くしたい」というご要望は、
サイトを爆速にする環境構築サービス「爆速研究所」で解決できます。
今なら、指定のサイトを爆速環境で構築して30日間体験できる「爆速体験」が無料ですので、速度の問題が解決できない場合は一度試しに依頼してみましょう。

 

に投稿 コメントを残す

【速いは正義】根本的にサイトの表示速度を改善する方法

サーバーの性能やプラグインにたよらず、根本的なサイトの表示速度を改善してみませんか?

一般的に作成したサイトの表示速度が遅い場合、

  • 画像のキャッシュ化
  • 不要なデータやプラグインの削除
  • サーバースペックのアップなどの処置

等を行うと思いますが、それでも改善されない場合、根本的なシステム構成の変更と設定の調整(チューニング)を行うことで改善できる可能性があります。

サイト速度が遅いと、ユーザーは直帰する

なかなかページを読み込まないサイトだったので見るのを諦めた経験はありませんか?
いくら優れたサイトでも、表示速度が遅ければユーザー直帰率は高くなります。

  • 表示速度が1秒から3秒に落ちると、直帰率は32%上昇
  • 表示速度が1秒から5秒に落ちると、直帰率は90%上昇
  • 表示速度が1秒から6秒に落ちると、直帰率は106%上昇
  • 表示速度が1秒から7秒に落ちると、直帰率は113%上昇
  • 表示速度が1秒から10秒に落ちると、直帰率は123%上昇
  •  ページの要素( テキストや タイトル、画像など)の数が400個から600個に増えると、 コンバージョン率は95%下がる

引用元:表示速度が1秒→7秒で直帰率は113%↑、モバイル向けサイトのUXはとにかくスピードが命 | 海外SEO情報ブログ

実際Googleが直帰率とコンバージョン率の関係についてディープラーニングを用いて予測しました。
このディープラーニングのシステムによる予測は、90%の正確性を誇るそうです。

結果が示す通り、サイトの表示速度は何よりも優先することの1つなのです。

表示速度が遅くなる原因

1.データが重い
表示させるページの情報が多かったり、取得する元のデータが多い(ECで言うなら顧客数や商品数が多い)と表示速度は遅くなります。とりわけ画像データが大きかったり多いと表示速度への影響が大きいです。

2.機能が重い
サイトには色々な機能が備わっています。例えばプラグインなどを使って問い合わせフォームの機能を付けたり、チャット機能を付けたりすることができます。当初は遅くなかったサイトが機能を追加するにつれて遅くなっていった場合、追加した機能(プラグイン)が重くしている可能性があります。

3.サーバーが重い
サイトを表示させるにはサーバーが必要ですが、そのサーバーの性能が不足している場合があります。サーバーにも用途によりDBサーバー・WEBサーバー・画像サーバーなど種類がありますが、どこかで性能が不足している場合サイトが重くなる可能性があります。

一般的な表示速度の改善方法

速度改善の方法をインターネットで検索すると

・表示させるデータを減らす
・表示のタイミングをズラす
・画像のキャッシュを行う(キャッシュプラグインを導入する)
・不要なプラグインを削除する
・サーバーのスペックを上げる

などの解決策がヒットしますが、実際にこれ以上削れないところまでデータを削り、画像キャッシュを行い、プラグインも外すと、後はサーバーのスペックで解決するしかなくなります。しかしこの方法ですと、問題になるたびに費用が高額になってしまいます。
また、既にハイスペックのサーバーを導入している状態で広告がヒットしたりTVでの紹介などがあると、表示事態に耐えられなくなる可能性があります。

速度を早くするプラグインも一定の効果はありますが、システムやサーバーが重い状態でその上で動いているプラグインを導入しても根本的な解決にはなりません。

システム屋が考えた根本的解決方法

今回、自社で一般的な手順でサイトを作成し、表示速度の問題をとことん分析し改善してみました。

結果として各種サーバーに導入されているシステム自体が重いことがわかり、システムの置き換えや設定を調整することで高速化ができました。
しかし、一般の方はそのシステムを構築したりサーバー設定の調整を行うことができません。

そこで、ワンクリックでAWSのサービスを組み合わせて環境を作り最適な設定に調整する仕組みを作りました。
これを使えば最短20分でWordpressの爆速環境を作ることができます。

以下のページがこの環境で作成したサイトになります。TOPページに画像を多く使い、商品をXXX万件登録したサイトです。

サンプルページ

ワンタッチで導入できる爆速環境

こちらのサンプルページをご確認いただき、興味があれば以下のサイトより導入をご検討ください。
ご不明な点がありましたら、問い合わせも受け付けております。

思ったら即行動です。速いは正義ですよ。

に投稿 コメントを残す

【デザイナーの方向け】クライアントからECの相談を受けて困ったら

デザイナーの方に質問です。

既存のクライアント様から「PV増えてきたしちょっとサイトで物売ってみたいんだけど…」と言われ

(せっかく、クライアント様から信頼してもらって相談受けたけど、ECの機能って色々複雑だからなぁ)

と思ってあきらめた経験ありませんか?

そんなお困りのデザイナー様向けに、無料でECサイトの構築・運用の相談を受けるサービスがあります。

ECサイト構築・運用 無料電話相談サービス
「ネットデウルヨ」
https://woocommerce-plugin.net/netdeuruyo/

です。

デザイナーさんはインターネットの便利屋さんだと思われている。

デザイナーの方は日々どうすればデザインが人々の心に影響を与えるかを考え、対応されているかと思いますが、
クライアント様からしてみれば

「インターネットのことなんだから、全部お願いね」

という風に思われることもあるかと思います。もちろん信頼の証だと思います。

EC機能に関しては信頼できるシステム開発の会社に依頼するのもありだと思いますが、クライアント様が「ちょっと物売ってみたい」という感覚だと、費用感などでズレてしまうことがあるかと思います。

無料で始められるWEBの既存サービスもありますが、基本的にはカスタマイズできないので、「Wordpressならある程度仕組みわかるし、デザインもやりやすいんだけどなぁ…」と思われたりもするのではないでしょうか。

ECサイトを作る上で出てくる問題点

ECサイトとなると、様々な専門知識が必要となってきます。

・顧客データなど個人情報などの、セキュリティ対策はどうすればいいか
・EC機能を付けたサイトを重くしないためにはどうしたらいいか
・決済方法のペイメント会社はどこの何を使えばいいか
・送料/決済手数料/配送方法/商品情報/顧客情報/カテゴリ/タグなどのデータ登録はどうすればいいか
ECサイト特有の表記(会員規約/セキュリティポリシー/利用規約/ご利用ガイド/よくある質問など)をどうすればいいか
在庫の表示や管理をどうすればいいか
受注管理とのデータ連携をどうするか
メルマガ機能や配信顧客管理をどうすればいいか
・EC関連の分析タグをどう設置すればいいか

などなど、サイトの設定や表示に関する部分だけでも、多くの専門知識が必要となります。
また、そのほかにも実務業務として、

・所品のピッキングや梱包をどうするか
・配送会社への引き渡しなどをどうするか
・返品/交換/修理などをどうするか
・クレーム対応をどうるか

など、考えなければならないことが多くあります。
実務業務などはデザイナーの範疇を超えている気がしますが、それでもクライアント様からすれば皆様はなんでもできる頼れる人なのです。

結論

クライアント様の要望や、デザイナーの方の経験によっても問題は違ってくるかと思います。
ネットで延々と調べたりおひとりで悩むよりかは、専門家に相談してすっきりしてしまいましょう。

ECサイト構築・運用 無料電話相談サービス
「ネットデウルヨ」
https://woocommerce-plugin.net/netdeuruyo/

長年ECサイトを作ってきたシステム会社が、無料で電話相談をしてくれます。些細な問題ならば解決方もその場で伝えてくれます。
はい、ぶっちゃけ弊社のサービスなんですが、是非とも今デザイナーさんがお困りの問題を教えてください。

弊社の持つ解決方法をまき散らしていきたいと思います。

に投稿 コメントを残す

WooCommerseと7人のEC事業者

この世のどこかにはEC問題を7つを集めると、伝説のカートシステムが現れ願いを叶えてくれるという。

そしてここにも悩めるEC事業者が一人…。

「はぁ。売上に関係なく費用がかからないカートがないかなぁ」
【ポイント①】WooCommerseは販売手数料は一切かかりません。最低限の費用のみで運用が可能となります。
 
 
さらにここにも悩めるEC事業者が一人…。
 
「はぁ。アイディアはあるのになぁ。自由にカスタマイズできるカートないかなぁ」
【ポイント②】 WooCommerseはオープンソースのWordPressプラグインです。自由にカスタマイズが可能です。
 
 
さらにさらに都合上、悩めるEC事業者がもうあと五人…。
 
「はぁ。新しい決済サービスやポイント・クーポンとかにも素早く対応できるカートないかなぁ」
【ポイント③】WooCommerseは新しい決済サービスにも随時対応可能です。ポイントやクーポン機能もついてます。
 
 
「はぁ。専門店化をすすめたいんだけど、そんなことができるカートがないかなぁ」
【ポイント④】WooCommerseは専門店化のための複数店舗も低コストで量産が可能となります。
 
 
「はぁ。安くもの売りたいんだよなぁ。そんなことができるカートがないかなぁ」
【ポイント⑤】WooCommerseは固定費を徹底的に安くできるので、商品価格に反映できます。
 

「はぁ。WordPressしか触れないよ…。これにカート機能ついたりしないかなぁ」
【ポイント⑥】WooCommerseはWordPressがベースなので、ブログやSEOの相乗効果だけでなくよりユーザーとの接点を持てるプラットフォームが完成します。
 
 
「はぁ。デザインや機能をバンバン変えていきたいんだけど。そんなカートがないかなぁ」
【ポイント⑦】WooCommerseは英語圏利用率No1の実績。世界中で商材に合ったオシャレなテーマや、誰が使うのかと思うほどのニッチな機能のプラグインなどがザクザクあります。
 
 
 
一同:「はぁ。そんなカートシステムないかなぁ」(×7)
 
そんな7人の悩める事業者が、奇跡的にばったりと出会った。大阪で。
 
 
 

ゴロゴロゴロゴロ・・・・ドカーン!

 
 
 
 
 
 
Woocommerceさん:呼んだ?
 
 
 
一同:きたぁぁぁぁぁあ

~完~

に投稿 コメントを残す

WooCommerceとshopifyの徹底比較まとめ

WooCommerceとshopifyを比較してみた

項目 shopify basic shopfiy standard とことん月額を下げるプラン
初期費用 無料 無料 無料
月額利用料 $29 米ドル $79 米ドル Conoha vps 4G Plan ¥3,240円
ブログ
プラグイン、アプリによる機能拡張
複雑なカスタマイズ ★一部不可 ★一部不可
商品登録数の上限 無制限 無制限 無制限
SKU登録数の上限 100(※1) 100(※1) 無制限
スタッフアカウント数 2 5 無制限
24時間体制のサポート コミュニティ,Twitter,メール コミュニティ,Twitter,メール ★就業時間中の電話、メール
手動注文作成
サーバー
スケールアップ/ダウン
サーバー仕様不明 サーバー仕様不明
決済手数料(※2) クレジットカード shopifyペイメント
3.4%
shopifyペイメント
3.3%
PAY.JP
2.59%
(月額1万円/無料なら3%)
その他の決済 2%
shopifyペイメント利用時は取引手数料無料
1%
shopifyペイメント利用時は取引手数料無料
無料